毛髪ミネラル検査

ミネラルには生命活動に不可欠な必須ミネラルと生命活動を阻害する有害ミネラルがあります。発達障害の原因として、どれくらいのレベルで環境内に存在する様々な有害金属が影響を及ぼしているか調べます。また、有害金属のみならず、体に必要なミネラルの状態を検査することが可能です。

毛髪ミネラル検査とは


有害ミネラルの体内への侵入や排出には、いくつかのタンパク質の遺伝子多型が関係していて、発達障害の方は有害ミネラルを蓄積しやすい場合や、有害ミネラルを体外へ排出させにくい場合があり、毛髪ミネラル検査でのデータの評価が重要になります。


ミネラルには生命活動に不可欠な必須ミネラルと生命活動を阻害する有害ミネラルがあります。環境中から体内へ入って来たミネラルは、血液中から細胞内への移動を繰り返しながら、一部は便、尿を通じて体外へ排出されます。

身体に必要な必須ミネラルは、細胞の生命活動に不可欠であり、不足すると全身の活動への影響が出て来ます。

一方で、環境汚染物質である有害ミネラル(水銀、鉛など)は、体内に入ると細胞の生命活動を阻害し、健康障害を引き起こします。水銀はうつ病、疲労、発達障害、神経系や運動障害、その他の症状を引き起こし、アルミニウムはアルツハイマー病にとって重要な要因です。鉛はうつ病、吐き気、疲労、コミュニケーションや集中力の問題、発育問題、神経系や運動障害その他の症状を引き起こします。また、微量であれば有害性の少ないミネラルでも、持続的に体内へ溶けているとアレルギー反応を起こすようになります。

このように、各種のミネラルが人間の生命活動に関係していますが、その変化を毛髪中に排出されたミネラルから評価するものが毛髪ミネラル検査で発達障害の治療に役立たせることが可能です。

毛髪検査データの一部サンプル

Share on facebook
Share on twitter

最近の記事

自閉症

自閉症は男児での発症が女