発達障害とは


 

kodomo1

発達障害は医学的には脳機能障害の一種であり、比較的低年齢で気づかれる、行動やコミュニケーション、社会生活を送ることに困難を感じる障害です。

親御さんからは目線を合わせない、言葉の出が遅いことなどで気付かれることがあるようです。成長とともに本人も、他の人に出来る事が、自分にはどうして出来ないのだろう?と生き辛い思いをすることも少なくありません。

 

発達障害は大きく分けて以下の4つに分類されます

 
SnapCrab_NoName_2016-4-14_13-25-58_No-00
 

 発達障害とは、比較的低年齢に見られる発達の過程で見られる行動やコミュニケーション、社会的適応の問題を主とする障害です。このため、通常の子供と比較して、じっとしていられない多動などの行動の異常や、友人と一緒に遊べないようなコニュニケーションの異常などがあります。
 
まだ小さいうちは問題ないとしても成長にともない、学校生活や職場になじめず、学校や仕事を途中でやめてしまうなどの社会的適応の問題が発生することがあります。

 
 また、学校生活や職場のストレスで鬱病や不安障害などの2次障害が発生することがあり、適切な対応を取らなければ生涯にわたって苦しむ可能性があります。
 
 

◇ 知的障害 

知的な発達の遅れがある障害です。

 
◇ 自閉症スペクトラム障害 

自閉症

コミュニケーション、社会性、感覚面、想像性や思考の柔軟性に問題がある障害です。
ただしほとんどの場合は自閉症だけではなく、

注意欠陥多動性障害、学習障害の特徴も併せて見られる傾向が強いです。

 

  ・アスペルガー症候群 

自閉症と似た症状があり、知的な障害はないので「知的障害のない自閉症」と呼ばれる場合もあります。

 

◇ 注意欠如障害 / 多動性障害 

不注意(集中力がない・気が散りやすい)、多動性(じっとしていられない・落ち着きがない)、衝動性(順番を待てない・考える前に実行してしまう)の3つの要素がみられる障害のことです。


◇ 学習障害
 

通常の知能は正常ですが読み書きや、計算能力の習得が困難な障害です。

 
 

子供たちは発達段階において、個人差、性差、環境などで発達の差はありますが、年齢によった一般的な発達課題があります。これらの発達課題をクリア出来ない場合や、発達が後退してしまう場合、そして結果的に生活上の困難、不自由、不利益が生じるようになると、発達障害という判断を下される事になります。

ただし、そこに何らかの原因がさまざまな検査によって判明した場合は、
改善に向けた積極的な治療などを行うことが可能です。

 

 
 

メールマガジン

 
発達障害の検査から、統合的な治療について、専門医の監修をうけ
細かく説明をさせて頂いているほか、セミナー・イベント情報を配信しております。
 
是非、ご登録ください。
→ 発達障害は、早期発見、早期治療が重要