「発達障害への新しい治療法」セミナーダイジェスト


先週の9月24日に品川で行われた、「発達障害への新しい治療法」というセミナーダイジェストをお届けします。
 
今回は、8月27日に行われたセミナーに続いての第2回目でした。
 
 今回のセミナーは、一般社団日本発達障害支援協会:池田美幸代表理事による「発達障害って治らないの?」という発達障害の長男を改善させた親の立場からの講演と、マリリンスポーツ塾初台の管理責任者: 獅子山淳三先生による「医療と運動療育」という発達障害の児童への運動療育の効用や、発達障害の方への社会的サービスの利用法などの療育関係の実践的な講義と、満尾クリニックの池田勝紀医師による「発達障害の子供たちへの新しい治療法」という発達障害のお子さんに対して国内で今まで行われてきた治療に、アメリカの一部の研究機関や医療機関で行われている食事療法、栄養療法、腸内環境整備、キレーション療法、生活環境改善為などを含んだ生化学的治療を加えた統合的治療アプローチの説明と、その治療を受けたお子さん達の改善例が紹介されていました。
 
いずれの、講演も発達障害のお子さんや親御さんに日々関わっている方々の講演であり、大変実践的な内容でした。
講演終了後の質疑応答でも、親の視点、療育施設の視点、医療の視点からの複合的な回答があり、活発な意見交換が行われたセミナーとなりました。
 
次回は10月29日に東京八重洲で開催いたします。
詳細は、以下をご覧ください「次回のセミナーでも実践的な内容に踏み込んで行く予定です。
 
第3回 「発達障害への新しい治療法」