ドクターの紹介


 

director当社団顧問 満尾正 医学博士

【略歴】

現職 満尾クリニック 院長

1982年 北海道大学医学部卒業
1982年 杏林大学救急救命医療に従事
1994年 渡米。ハーバード大学留学。外科代謝栄養研究に従事
1998年 救急振興財団東京研修所教授。
2002年 満尾クリニック開設

 

 

 

 
日本人で最初の、米国アンチエイジング学会(A4M)認定医のひとり。
さらに、米国先端医療学会(ACAM)キレーション治療認定医(APCT)の資格も
併せ持つ唯一の日本人医師。

 

【著書】

体内から若返るアンチエイジング 125歳まで元気に生きる」「40代からの「太らない体」のつくり方
体に毒をためない食べ方 」など、他多数。

 

 

_P1A5294_s

当社団顧問 池田勝紀 医学博士

【略歴】

現職 満尾クリニック 発達支援外来 担当医

1999年 聖マリアンナ医科大学卒業
2001年 国立国際医療センター 呼吸器外科レジデント
2004年 聖マリアンナ医科大学附属病院 救命救急センター
2005年 船橋市立医療センター救命救急センター
 
【資格】
医学博士
Chelation Certification
(米国先端医療学会 キレーション認定医)
日本キレーション 治療普及協会認定医
日本救急医学会救急科専門医
日本抗加齢医学会専門医
日本統合医療学会認定医
 
 
【受賞歴】
平成21年度 日本救急医学会 最優秀科学論文賞受賞
「ドクターカーに搭載した標準十二誘導心電図所見を加味した急性冠症候群
の病院前診断の有用性」

 

2010年11月長男誕生、2013年長男が2歳の時点で発達障害(知的障害と自閉症の合併)の疑いを受ける。
同年にフロリダで行われた米国先端医療学会に参加し、発障障害に対する栄養療法を始めとする生化学的治療の存在を知る。帰国後、発達障害への栄養療法を行っているマリヤクリニックの柏崎良子医師の指導のもとで、長男の発達障害への生化学的治療を開始する。
 
その後、長男の発達障害に改善がみられたことから、
発達障害に対する総合的サービスを提供するクリニック併設型の施設を立ち上げるために鋭意活動中。
現在、東京都渋谷区にある、満尾クリニックにて毎週木曜日、隔週土曜日に発達支援外来を実施中。
 
オフィシャルブログ 発達障害治療研究ノート
講演、取材依頼はこちらから

 

 
doc1柏崎良子 医師

【略歴】

現職 マリヤ・クリニック 院長

横浜市立大学医学部卒業
横浜市立大学付属病院第一内科入局
千葉大学付属病院呼吸器内科入局
横芝・山崎病院勤務
1987年4月内科小児科、マリヤ・クリニック開業
千葉市立小中台小学校校医
内科医会、小児科医会、 心身医学会

 

 

 
 
 
日本ではほとんど知られていなかった機能性低血糖症治療のパイオニア。

1999年の分子栄養学研究所主催の国際シンボジウムにて、高濃度ビタミンC点滴治療の第一人者 であるリヨルダン博士から知って、一年間の直接の指導を経てガン治療について学び、副作用の殆どない高濃度ビタミンCの点滴療法をマリヤ・クリニックにて開始。

2006年からIgGアレルギー検査や腸内環境、蓄積された重金属などを調べる検査を行い、発達障害、精神症状改善の治療に取り組んでいる。

 

【著書】

発達障害の治療の試み」「低血糖症と精神疾患治療の手引

栄養医学ガイドブック」など、他多数。

 

 
doc1渡邊麻里子 歯科医師

【略歴】

現職 あつ歯科 院長

日本歯科大学新潟歯学部卒業
東京医科歯科大学歯学部附属病院スペシャルケア外来2研修登録医
あつ歯科 院長
(ワタナベマリコデンタルオフィス)

日本障害者歯科学会 認定医
(障害者、有病者、歯科恐怖症治療の専門家)
東京形成歯科研究会 インプラント100時間講習修了
筒井塾咬合療法研究会 会員  
日本口腔インプラント学会 会員
日本笑い学会 会員 
 
 
 
日本障害者歯科学会の認定医でもあり、東京医科歯科大学歯学部附属病院では、障害者歯科を専門に多くの経験を積んだことから、歯科医院が苦手な方や歯科治療が怖いとおっしゃる方、病気や障害をもつ方や特別な配慮が必要な方の専門治療を得意とする。

ダウン症、自閉症、ADHDのような知的・発達障害をはじめ、精神疾患、歯科恐怖症など、特別な配慮の必要な方に対応し通院が困難な方には訪問診療を行っている。

また、大学病院にも勤務しているため、全身麻酔が必要な方には、大学病院での診療も可能。